おまとめローンはなぜ注目されている?

おまとめローンが話題になっていることは知っていても、なぜこれほど注目を集めているのか知っているでしょうか?おまとめローンとは、複数のローンを利用している方が借り入れ先を一つにして、一つだけのローンを利用している状態にするものです。一つだけのローンを利用していて、金利が高いローンから低いローンに変える場合は借り換えローンというものを利用します。おまとめローンという名称でも借り換えローンとして使えることも多くなっています。ローンを一つにすることで、とにかく返済の負担を減らせるため、注目されていると言ってよいでしょう。ローンの返済は長期に渡るほど大変だと感じることが多くなります。おまとめローンの利用は、少しでも早く完済に近づくための有効な手段となってくれるでしょう。

たくさんのおまとめローン商品がある
おまとめローンは銀行や消費者金融など、金融機関を問わず取り扱われています。いずれも金利が低いのが大きな特長で、おまとめという性質上限度額が大きなものも多く、安心して利用できるようになっています。また、おまとめローンや借り換えローンと書かれていなくても、借り入れ目的を自由に決めることができるカードローンなどでは、ローンをまとめたり借り換えたりすることもできる場合も多いのです。現在の借入額や返済方法、またおまとめローンの特徴なども含めて、どのローンを利用するのかを選ぶことができるでしょう。まとめることで、返済における様々な負担を減らすことができますが、場合によっては大きな違いがないこと、結果として返済額が増えてしまうようなこともあります。そのため、おまとめローン選びは慎重にしたいものです。

まとめてもラクにならない??
おまとめローンを利用することで、金利が下がり返済額が減る、と一般的に考えられています。しかし、月々の返済額の設定と借入額などによっては、返済期間が延びることで返済額が大きくなってしまうこともあります。単純に金利が低くなったらそれでよいというわけでもなく、借入残高、毎月の約定返済額なども含めてトータルで返済計画を見直す必要があります。なんとなく返済が大変だからとにかくおまとめローンを利用すれば楽になるだろう、という選び方では逆の結果になりかねないのです。しっかりと返済シミュレーションをすること、完済までの計画を立て直すことなどが大切です。

注意しておきたいこと
ローンをまとめればメリットがいっぱい、と単純に飛びつきやすいのですが、一つにまとめることで大きな限度額を一社で利用することから、ローン審査になかなか通らないというケースもあるようです。審査時間自体はスピーディーなおまとめローンも多いのですが、審査に通らなければ当然まとめることはできません。しかし、おまとめローンを利用するまでも当然返済は続きます。そして、もしも返済に遅れてしまうとそれも記録に残ることがあり、審査に通りにくい状況を作り出してしまいます。とにかく現在の返済をきっちりと進めること、これはどれほど大変でもおろそかにしてはいけないことなのです。

 

どうやっておまとめローンを選ぶ?

おまとめローン選びは、それなりに手間もかかるものですから、きっちりとしたいと思うものです。また、現在利用中のローンでの問題点を改善することを考えると、しっかりと選ばないとおまとめをしたメリットがないということになってしまいます。どうやっておまとめローンを選ぶのか、そのポイントを押さえておきましょう。
・金利に注目
おまとめローンの金利は、現在利用しているローン金利よりは少しでも低いものを選びたいものです。金利は数値ですからローンの比較もしやすいですね。ただし、幅がある金利設定になると、申し込みをして審査によって金利が決まるため、事前の比較とは違う結果になることもあります。予定していた金利と違った場合は、必ず再度シミュレーションの見直しを行いましょう。

・返済方式も大切
カードローンなどの返済方式は、クレジットカードでのリボルビング払いなどと同様に残高に応じて一定額を返済していくものが多く採用されています。この返済方式は、一定額を返済すればよいので、出費の計画を立てやすくなっています。しかし元金と利息を合わせた額が返済額となるため、返済当初は利息が多く、借入残高が減っていると感じにくいのです。おまとめローンの返済方式では、元金均等分割返済方式となっているものがあり、返済当初は返済額が大きくなりますが、元金が段階的に減っていくため返済モチベーションを保ちやすいのです。どちらの返済方式が良いのかは、借入残高などに応じても変わってきます。シミュレーションをきちんとして選ぶようにしましょう。

・申し込み先の範囲を広げてみる
おまとめローンと書かれていなくても、複数のローンを一つにする方法はあります。カードローンなどでも限度額が大きなもの、低金利のもので現在利用中の複数ローンを一つにするのです。カードローンは借り入れ目的を自分で決めることができるものがほとんどですから、おまとめや借り換えに使っても問題ない場合がほとんどです。ただし、借り入れ目的を自由に決められるローンでも、銀行のフリーローンではおまとめや借り換え目的では利用できないものが多いので、確認が必要です。おまとめローンで自分が使いやすそうなものが見つからない場合には、申し込み先の範囲を広げて探してみることをおすすめします。

関連記事